グループ代表挨拶

パーソナックグループ代表のメッセージ

平成10年10月1日にパーソナックグループが誕生しました、現在に至る期間には様々な事がありました。誕生初年度には

バブル崩壊の影響で大手金融機関(大手銀行の破綻、大手証券会社の倒産、準大手の云々)や企業の破綻倒産がありました、
暫く経ってITバブルに伴う景気拡大、構造改革と称する社会構造変革による格差拡大、長期低迷時の幕開けによるデフレ政策の
持続、デフレにならされた日本人と海外新興国との経済感性の格段の相違はもはや国家の勢いにまで影響をしています。
意気消沈した日本人の中にあって、パーソナックグループの社員は常に前向きに、リスクを恐れず、しっかりと事実を見据えながら
前進をします。

新しい時代が目の前に来ています。そんなに遠くない時期に我々のいる日本は大きく変化をして世界に羽ばたくものと信じており
ます。そのためにもこのグループはしっかりと一人ひとりの軸足を強固にして前進を致します。

株式会社パーソナック・株式会社Japanエアロインスペクション・株式会社パンプキンのそれぞれの会社はそのあり方に意義が
あり、社会貢献しています。人材を中心にして、企業様に社会に地域社会に広く貢献するのが使命でございます。

1、株式会社パーソナック

大きな視野で事業を行う総合的な人材派遣会社

2、株式会社Japanエアロ インスペクション

全国的な規模で、非破壊検査、航空機整備等業務の一貫外注の一翼を担う検査会社

3、株式会社パンプキン

介護事業を中心に、ハウスクリーニング、送迎、寮管理など生活応援を中心とした事業を行う会社

パーソナックグループ 代表取締役 鈴木 昇